We keep all our promises Be us against the world...


by STEPyou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2008年 自分的TOP15ソング!

2008年、自分の中ではまった10曲を挙げてみようと思います。
まぁ自己満企画ですので、批判もなんでも受け付けますww

・Marionette:浜崎あゆみ
2008年初っ端は、この曲にはまりました。
PVからして、僕がかなり好きな感じで、そして、ライブでも観れて、大満足♪
カラオケでも何度か唄いました☆
♪僕達は表面だけ繕って死んだような顔を隠して生きるため 生まれて来たわけじゃない♪

・MY ALL:浜崎あゆみ
これもアルバム「GUILTY」の中の一曲。
こちらはライブで聴いてからかなりはまってしまいました!
フリもおそらく完璧ですww

・Jasper:木村カエラ
Scratch~Samanthaあたりの頃、僕の中で木村カエラは正直あまり興味の無いアーティストになっていた。しかし、Yellowで少し復活して、この曲で大ブレイクとなったのです!
PVもおもしろかったし、i-podでもエンドレスでかけまくりました。
何も考えたくない時とかに聴くと、すっきりするんですよ。そして、ライブパフォーマンスも物凄くよかった!

・鏡よ鏡:木村カエラ
アルバム「+1」の中の一曲。これもライブパフォーマンスが印象的だ。
そして、僕はこの曲の歌詞が好きである。なかなか現実的なんですよ!
i-pod再生回数、堂々の1位ですから!笑

・Mirrorcle World:浜崎あゆみ
初めて聞いた時、カッコイイなと素直に思った。
ライブも文句無しのパフォーマンスだったし、何よりこの曲は、浜崎あゆみの新しい音楽性を示した曲だと思います。割とayuはPOPな曲が多いなか、近年ロック系の曲も出していますよね。talkin' 2 myselfから2曲連続でロックな曲をシングルでリリースしたことって今までに無かったはずなので、僕はこの曲はかなり重要だと思います。

NEW LOOK:安室奈美恵
安室c快進撃の足がけとも言えるこの曲は、実は60年代のアメリカの大ヒット曲をリメイクしたもの。この曲はシャンプーのCMソングとして大量オンエアされて耳に残りました。
PVはとてもオシャレで、安室奈美恵そのものだなぁという印象を受けました!

Moon Crying:倖田來未
倖田來未のバラードの中で、僕はこの曲が1番好きかもしれません。
PVはストーリー仕立てで泣かせてくれます。
曲調も美しいです。歌詞も今までの倖田來未に比べたら、かなり大人な詞になっています。

キセキ:GReeeeN
これは僕のクラスの文化祭のときにも使われたのもあって、かなり思い出に残る曲となりました。ROOKIESも観ていたので、2倍耳に残りますよね。
歌詞も好き。2008年の中で挙げる曲には欠かせません!

マスタッシュ:木村カエラ
秋ごろはこの曲にはまったなぁ~!
最初聴いたとき、カエラ嬢にしては、珍しく”普通”な曲だなぁと思ったのですが、ラストのLOVE LOVE...のところでカエラらしい仕上がりになってました!
キャッチーな曲なので、大好きです!

偶然の確率:GIRL NEXT DOOR
avex期待の大型新人という名の下でのデビュー。正直プレッシャーだろうと思います。
僕の意見ですが、”大型新人”というのを大々的にしすぎだと思います。普通に新人です!でよかったと思う。そっちの方が2倍売れたと思います。おかげで、GNDはけっこうな嫌われ者にもなってしまいました。千沙の声だって悪くないし、ましてダンスは超上手いのにも関わらず、”大型新人”という色眼鏡で見られることによって、それが「たいしたことない」になってしまうのです。正直、歌は飛び抜けて上手いわけではないですし。
でも、曲はすごい好きです!datや初期ELTを好む人は絶対好きなはずです。
だからかなり悔しい。avexの売り方が下手すぎる><
”大型新人”だったはずの、高杉さと美やAAAは、世間的には・・・ですよね。学んで欲しかったです。

Drive away:GIRL NEXT DOOR
実は「偶然の確率」よりも好きな曲です。このPVでは千沙のダンスがたくさん観れます。
歌詞も前向きで、”薄っぺらい”という意見もありますが、そんなことは無いと思います。
千沙だから書けた詞であることには変わりないはずです。

神風:ALI PROJECT
あまりメジャーではないですが、この人たちも素晴らしい曲を作っています。
その中でも今年はこの曲を1番聴いたと思います。ライブでも唄ってくれたし!

19 Memories:加藤ミリヤ
11月に発売した「BEST DESTINY」で、加藤ミリヤにはまりました。
安室cの「SWEET 19 BLUES」をサンプリングして創られたこの曲は、現代人に共通するメッセージが込められていると思います。

SAYONARAベイベー:加藤ミリヤ
加藤ミリヤの恋愛ソングは、他の歌手よりも重くて好きですw
SAYONARAベイベーは、サビの部分が印象的です。男女のやりとりがそのまま歌詞になっています。それも”偽りの会話”の。きっと誰しもが経験のあることだと思います。。。

Days:浜崎あゆみ
12月にFNS歌謡祭で初めて聴いて以来、今もずっとはまっています。
歌詞が良い!素直な言葉で綴ってあり、全体的には恋愛色だけど、これは友達や家族にも当てはめることが出来ると思います。ayu自身、「SEASONS」みたく色んな世代の人に浸透するかもしれないとTHE・テレビジョンのインタビューで語ってました。
PVは泣けます。これも多くの人が経験したことのある痛みだと思います。
2008年を締めくくるにふさわしい一曲です。

以上、2008年の自分的TOP15ソングでした~!!!
はい。14曲が女性Vocalですが、何か?
avexの売り方については、機会があれば、また語りたい(愚痴りたい?)と思いますww
[PR]
by STEPyou | 2008-12-29 23:36 | 音楽