We keep all our promises Be us against the world...


by STEPyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:木村カエラ ( 64 ) タグの人気記事

5 years

木村カエラの初のベストアルバムです!!
初回版は2枚組みとなっていました。
DISK1が今までのシングルを新しい順に収録。ヒット曲のリルラリルハやButterflyなんかが収録されています。

DISK2は未発表楽曲とカエラが他のアーティストとコラボしたものや、カバーなんかが収録されています。
リリアンとHappy?がかなり好きです!!

明日はカエラのライブに行ってきます!!
アリーナツアーは初なんだけど、一体どんなステージになってるのか楽しみです♪

2010年2月3日発売!!
DISK1
01,You bet!
02,Butterfly
03,BANZAI
04,どこ
05,マスタッシュ
06,memories-Original version-
07,Jasper
08,Yellow
09,Samantha
10,Snowdome
11,TREE CLIMBERS
12,Magic Music
13,You
14,BEAT
15,リルラリルハ
16,happiness!!!
17,Level 42

DISK2
01,カメレオン2世
02,Hey!Hey!Alright
03,OH PRETTY WOMAN
04,言葉はさんかく こころは四角
05,リリアン
06,Cloudy
07,Forbldden Fruits
08,darling
09,おどるポンポコリン
10,マシマロ
11,Happy?
d0038679_22384183.jpg

[PR]
by STEPyou | 2010-03-21 22:38 | 木村カエラ

アバター/avexさん・・・

今日は話題のアバターを観に行って来ました!!

3D映像ということは、なんか飛び出てきて驚いたりするのかな?とか、アトラクション的要素を期待していたのですが、それは無かったです(汗

でも、3Dの効果で、奥行きがすごくあって、臨場感タップリでした☆

話の内容もよくて、若干”もののけ姫”を思い出すようなストーリーでした(もちろん全然違うよ!
あ、”もののけ姫”よりも”ウォーリー”かな?

最終的にはさすがハリウッド!ハッピーエンドでした♪
それにしても、劇中に出てきたあの元海軍大佐、激うざかった><
しぶとすぎるし、最後まで生きとった><

まぁ、あんまし書くとネタバレになっちゃうからあれだけど、これは映画館で見たほうがいい映画ですよ!(宣伝!

さて、次ですが・・・avexについてです・・・。(Positiveな内容じゃないことはわかると思います 苦笑

知ってる人が大半だと思うけど、2月3日に倖田來未のベストがリリースされましたね。そして、その日は木村カエラのベストもリリースされました。

さて、初日のデイリーでは倖田が1位を取ったけれど、その後首位はカエラ嬢に持っていかれていますね。

はい!倖田側、結構必死になってきています(汗

・SHIDAX限定販売のCDを再入荷
・歴代アルバムのポスターをおまけにつけての通販
・リリースイベントで唄ったカバー「ラヴ イズ オーバー」をCD+着うたver.のみで着うた配信
・WonderGoo本社などでの急なトークイベント

どんだけ必死やねん~~~!!

別にいいやん。1位取らなくても。
これは倖田というか、会社が1位に固執しすぎだと思うんです。

一方のカエラ側はサプライズでButterflyのカラオケVer.を購入者限定で配信。
しかもこれは、発売前からサプライズあるよーって言ってた事やから、イメージとしては断然クリアやね。

avexはせっかくいいアーティストがいるのに、売り方やゴリ押しのせいで、イメージが悪くなってて、それがアーティストの評価にも繋がってるっていうことを、誰か教えてあげてください。

さて、気になるランキングの方は・・・倖田側の必死な対応虚しく、むしろカエラ側が売り上げを伸ばして首位にいますね。

今の時代に求められているのは”クリーン”なイメージなんですよね。
それはどこの業界でも言えることで、やっぱし悪いイメージが多いだけ、その会社の利益減少に繋がるんです。(日本経済新聞を読んでるおかげでこんなこと言えるようになりましたww

残念ながら・・・avexはクリーンなイメージではないし、倖田來未自体がクリーンなイメージではない。
今回の結果は、イメージという視点から見ても、また楽曲面から見ても、カエラが1位で文句は無いと思います。

倖田はもちろんいい曲たくさんあるんだけど、今回のベストに入ってる曲は何ら魅力的ではないんですよね・・・。
今までのオリアルと被るし、しかも軽い印象な曲が多いから・・・。
TABOO~の楽曲は◎だと思うんだけどね。

それより、どうしてオリジナルアルバムのCDのみver.を作らなかったのか?!
ベスト+着うた形態=2800円よりもオリアルonlyで2800円の方が買う人多かったはず。

誰が決めたん?!この形態。avexしっかりしなくちゃ、10年後には廃れた会社になるかもしれないですよ・・・。
[PR]
by STEPyou | 2010-02-07 23:24 | 日記

GO!5!KAELAND

行ってきました!
もう夢のような時間でした!!!
まずはライブに行くまでの記録です。。。

横浜に着いたのは朝の6時。
そしてまずはゴミ箱を探しぶらぶら・・・。

不思議なことに全然見つからないんです!本当に。

そしてなぜか渋谷へ行き、坂をひたすら登りましたw
でも109見れて感動wあと、ハチ公も。

その後、秋葉原へ行こうと山手線に乗って、1時間睡眠の世界へ・・・。
これは本気でびっくりした。山手線の中で何周したんだろう??

秋葉原は広かったなぁ。大阪の日本橋を拡大した感じ?
この時点で結構疲れましたw
d0038679_2247183.jpg


それではここからKAELANDレポへ♪
[PR]
by STEPyou | 2009-07-13 22:47 | 木村カエラ

HOCUS POCUS

木村カエラの5枚目となるアルバムです!!

最初の感想は、正直『+1』よりインパクトないな~・・・という感じでした。
際立ったのはButterflyぐらいだな・・・と。

しかし、これは間違いなくスルメアルバムです!!
今は見事にHOCUS POCUSの呪文にやられてしまいました。

どうしてインパクトがなかったのか考えたら、今作は全体的にロックテイストではなくポップテイストなのです。

今までのカエラのアルバムはロックなのが多かったのですが、今作は色々と音で遊んでる感があります☆
さらに、歌詞も言葉遊びしてるのが多くて、中々おもしろいです。

Dear JazzmasterやらPhoneやら、今作の曲達は”それぞれの曲に主人公がいる”感じになっています。
しかもよく聴いてみると、ちゃ~んと序盤・中盤・終盤とストーリーがあり、とても深いアルバムであると気づきましたよ。

Butterfly~どこ~HOCUS POCUSの流れは本当に最高です!!

また、Super girlのあとにはまさかの隠しトラックがあり、短い曲なのですが、とてもいい曲でした!

おそらく、GO!5!KAELANDではこのアルバムからはあんま唄わないと予想しているのですが、その後行われるLIVE HOUSE TOURの表題が~HOCUS POCUS~なので、そこでここからたくさん唄うのでしょう。

何にしろ、ライブ行きたい~~~~~~~~!!!!ですw

2009年6月24日発売!!
CD
01,Dear Jazzmaster'84
02,マスタッシュ-Album ver.-
03,Phone
04,乙女echo
05,Butterfly
06,どこ
07,HOCUS POCUS
08,Another World
09,season
10,キミニアイタイ
11、Jeenpney
12,BANZAI-Album ver.-
13,Super girl

DVD
01,マスタッシュ-PV-
02,memories-Original Version--PV-
03,どこ-PV-
04,BANZAI-PV-
05,tvk”saku saku“MC復活ウィーク編集版
06,「BANZAI」PVメイキング映像
d0038679_23343738.jpg

[PR]
by STEPyou | 2009-07-08 23:34 | 木村カエラ

BANZAI

木村カエラのデビュー5周年目のシングルです!!
前作『どこ』とは180度違った作品で、PVがオシャレでおもしろい仕上がりになっています!

テレビでもPVのパフォーマンスをしていて、ますますこの曲が好きになりました☆

この曲のテンポ感とか大好きです☆

c/wのHOCUS POCUSもおもしろい曲でした!
こっちの方は、本当にへんてこりんな感じ。でもカエラってこういう曲唄っても全然変じゃないところがすごいよね。

DVDでは、黒幕s楽しそうだったw
多分、sakusaku知らない人は、誰この人・・・って思うかもだけど、かなり満足しました笑

2009年5月8日発売!!
CD
01,BANZAI
02,HOCUS POCUS
03,BANZAI-intro-
04,HOCUS POCUS-intro-

DVD
01,「木村カエラの大漁旗を作りたい!」
d0038679_23245459.jpg

※BANZAI=TBSテレビ系全国ネット「S☆1」テーマ曲
[PR]
by STEPyou | 2009-05-14 23:27 | 木村カエラ

どこ

木村カエラのニューシングルです!
今回はSnoedome以来となるバラード調の曲になっています。

『どこ』の歌詞がすごくいいので、皆さん是非チェックしてみてください!
今回ももちろん作詞は木村カエラだと思っていたら、なんと違いました。
カエラライブでお馴染みのしのっぴが作詞のようです。

多分、今1番聴いてる曲です。冷えた冬にピッタリだよ♪

2009年1月28日発売!!
CD
01,どこ
02,Phone
03,どこ~intro~
04,Phone~intro~
※どこ=NTV系『音楽戦士』1月度OP
※Phone=ポッカコーポレーション「キレートレモン」CMソング
d0038679_233387.jpg

[PR]
by STEPyou | 2009-01-28 23:03 | 木村カエラ

いよいよ

実質的に、学校ラストウィークです。
しかも、授業は明日で全部終了。その後テストです。
なんだか変な感じ・・・。

そして、1月28日は僕の好きなアーティストのCDが大量にリリースされます><

・浜崎あゆみ:DVD「ASIA TOUR 2008-10th Anniversary- in TAIPEI」
・倖田來未:アルバム「TRICK」
・木村カエラ:シングル「どこ」
・加藤ミリヤ:シングル「20-CRY-」
・持田香織(ELT):シングル「雨のワルツ」

今年初めてのレベルの高いチャートになりそうです!
GacktとかGReeeeN、キンキにジェロもだよ。
1位はやっぱしキンキかな??
[PR]
by STEPyou | 2009-01-25 23:07 | 日記
2008年、自分の中ではまった10曲を挙げてみようと思います。
まぁ自己満企画ですので、批判もなんでも受け付けますww

・Marionette:浜崎あゆみ
2008年初っ端は、この曲にはまりました。
PVからして、僕がかなり好きな感じで、そして、ライブでも観れて、大満足♪
カラオケでも何度か唄いました☆
♪僕達は表面だけ繕って死んだような顔を隠して生きるため 生まれて来たわけじゃない♪

・MY ALL:浜崎あゆみ
これもアルバム「GUILTY」の中の一曲。
こちらはライブで聴いてからかなりはまってしまいました!
フリもおそらく完璧ですww

・Jasper:木村カエラ
Scratch~Samanthaあたりの頃、僕の中で木村カエラは正直あまり興味の無いアーティストになっていた。しかし、Yellowで少し復活して、この曲で大ブレイクとなったのです!
PVもおもしろかったし、i-podでもエンドレスでかけまくりました。
何も考えたくない時とかに聴くと、すっきりするんですよ。そして、ライブパフォーマンスも物凄くよかった!

・鏡よ鏡:木村カエラ
アルバム「+1」の中の一曲。これもライブパフォーマンスが印象的だ。
そして、僕はこの曲の歌詞が好きである。なかなか現実的なんですよ!
i-pod再生回数、堂々の1位ですから!笑

・Mirrorcle World:浜崎あゆみ
初めて聞いた時、カッコイイなと素直に思った。
ライブも文句無しのパフォーマンスだったし、何よりこの曲は、浜崎あゆみの新しい音楽性を示した曲だと思います。割とayuはPOPな曲が多いなか、近年ロック系の曲も出していますよね。talkin' 2 myselfから2曲連続でロックな曲をシングルでリリースしたことって今までに無かったはずなので、僕はこの曲はかなり重要だと思います。

NEW LOOK:安室奈美恵
安室c快進撃の足がけとも言えるこの曲は、実は60年代のアメリカの大ヒット曲をリメイクしたもの。この曲はシャンプーのCMソングとして大量オンエアされて耳に残りました。
PVはとてもオシャレで、安室奈美恵そのものだなぁという印象を受けました!

Moon Crying:倖田來未
倖田來未のバラードの中で、僕はこの曲が1番好きかもしれません。
PVはストーリー仕立てで泣かせてくれます。
曲調も美しいです。歌詞も今までの倖田來未に比べたら、かなり大人な詞になっています。

キセキ:GReeeeN
これは僕のクラスの文化祭のときにも使われたのもあって、かなり思い出に残る曲となりました。ROOKIESも観ていたので、2倍耳に残りますよね。
歌詞も好き。2008年の中で挙げる曲には欠かせません!

マスタッシュ:木村カエラ
秋ごろはこの曲にはまったなぁ~!
最初聴いたとき、カエラ嬢にしては、珍しく”普通”な曲だなぁと思ったのですが、ラストのLOVE LOVE...のところでカエラらしい仕上がりになってました!
キャッチーな曲なので、大好きです!

偶然の確率:GIRL NEXT DOOR
avex期待の大型新人という名の下でのデビュー。正直プレッシャーだろうと思います。
僕の意見ですが、”大型新人”というのを大々的にしすぎだと思います。普通に新人です!でよかったと思う。そっちの方が2倍売れたと思います。おかげで、GNDはけっこうな嫌われ者にもなってしまいました。千沙の声だって悪くないし、ましてダンスは超上手いのにも関わらず、”大型新人”という色眼鏡で見られることによって、それが「たいしたことない」になってしまうのです。正直、歌は飛び抜けて上手いわけではないですし。
でも、曲はすごい好きです!datや初期ELTを好む人は絶対好きなはずです。
だからかなり悔しい。avexの売り方が下手すぎる><
”大型新人”だったはずの、高杉さと美やAAAは、世間的には・・・ですよね。学んで欲しかったです。

Drive away:GIRL NEXT DOOR
実は「偶然の確率」よりも好きな曲です。このPVでは千沙のダンスがたくさん観れます。
歌詞も前向きで、”薄っぺらい”という意見もありますが、そんなことは無いと思います。
千沙だから書けた詞であることには変わりないはずです。

神風:ALI PROJECT
あまりメジャーではないですが、この人たちも素晴らしい曲を作っています。
その中でも今年はこの曲を1番聴いたと思います。ライブでも唄ってくれたし!

19 Memories:加藤ミリヤ
11月に発売した「BEST DESTINY」で、加藤ミリヤにはまりました。
安室cの「SWEET 19 BLUES」をサンプリングして創られたこの曲は、現代人に共通するメッセージが込められていると思います。

SAYONARAベイベー:加藤ミリヤ
加藤ミリヤの恋愛ソングは、他の歌手よりも重くて好きですw
SAYONARAベイベーは、サビの部分が印象的です。男女のやりとりがそのまま歌詞になっています。それも”偽りの会話”の。きっと誰しもが経験のあることだと思います。。。

Days:浜崎あゆみ
12月にFNS歌謡祭で初めて聴いて以来、今もずっとはまっています。
歌詞が良い!素直な言葉で綴ってあり、全体的には恋愛色だけど、これは友達や家族にも当てはめることが出来ると思います。ayu自身、「SEASONS」みたく色んな世代の人に浸透するかもしれないとTHE・テレビジョンのインタビューで語ってました。
PVは泣けます。これも多くの人が経験したことのある痛みだと思います。
2008年を締めくくるにふさわしい一曲です。

以上、2008年の自分的TOP15ソングでした~!!!
はい。14曲が女性Vocalですが、何か?
avexの売り方については、機会があれば、また語りたい(愚痴りたい?)と思いますww
[PR]
by STEPyou | 2008-12-29 23:36 | 音楽

マスタッシュ/memories

木村カエラの新曲です!!
まず、マスタッシュは、カッコイイロック系の曲に仕上がっています。タイトルの意味は”口ひげ”だそうですが、曲の中身とは全く関係ありませんw
関係してるのは、PVの方です。このPV中々おもしろいと思います。

そして、memories
これは映画『パコと魔法の絵本』の主題歌となっていて、歌詞がかわいらしいです。
PVはこの映画で主演を努める、アヤカ・ウィルソンちゃんと共演しています!
これはスルメ系ソングです!

2008年9月10日発売!!
CD
01,マスタッシュ
02,memories-original version-
03,マスタッシュ-intro-
04,memories-original version intro-
※マスタッシュ=マンダム『LUCIDO-L』CMソング
※memories-original version-=映画『パコと魔法の絵本』主題歌
d0038679_2293282.jpg

[PR]
by STEPyou | 2008-09-11 22:09 | 木村カエラ
木村カエラのライブに行ってきました~!
いや~~~~~~~~~~~めっちゃ熱かった!
僕も飛び跳ねまくりました♪
ていうか、席がけっこう前の方で、カエラ嬢がよく見えました☆

いや~右手が筋肉痛です(汗

ていうか、最初会場が分からなくて、めっちゃ歩きましたw
帰りは帰りで、地下鉄には乗れないわで、11時30分頃に帰宅しました。
明日が学校なんて信じられない><
僕は駅からは自転車だったんだけど、友達は徒歩だったので、足がいたそうでしたw
とりあえず、お疲れ様☆

ここからはネタバレ!!!
[PR]
by STEPyou | 2008-06-12 00:28 | 木村カエラ